#アルゼンチン共和国杯 予想 年齢による相性を重視です!

今日は11月3日。

祝日ということで大井競馬場でJBC3競走開催でしたね!

↑この写真昔撮ったのだから今30thじゃないですね

 

私も見たかったのですが、仕事が溜まっていて検討もできませんでした(>o<)・・・

 

さて、アルゼンチン共和国杯の予想に行きましょう!

このレースは7歳以上が全滅なんです。

過去30年でも馬券に絡んだのは2005年のコイントス(3着)たった1頭だけでした。

 

そこで今回は若い馬たちが中心です。

本命はスワーヴリチャードです。東京コースが得意で上がりもまずまず使えるので、ダービーの時と同様、しぶとい脚も使えれば、このメンバーならば十分勝ち負けになりそう。

不安なのは休み明けくらいですね。
対抗はプレストウィック
ダイワメジャー産駒でこの距離はどうなの?と思ってしまいますが、上がりも使えて長めの距離にも結果が出ています。
去年はずっと外目を回ってロスが大きかったので、今年はそうならないよう、ロスなく立ち回ればチャンスも十分あるようです。
以下、セダブリランテスソールインパクトとデータにならって若い馬を中心に組み立ててみたいと思います。
アルバートは今回は休み明けで次回のほうが狙い目かなとも思います。
過去5年で休み明けで58.5キロを背負った馬はフェイムゲームとジャガーメイルの2着が最高。
シュタルケ騎手も2000メートルを超えたとたんにどうも結果が出て内容で・・・オッズとしても妙味がないことから、ここは評価を下げたいと思います。
今回は馬単で①④⑥⑦ボックスで狙います!
もし1着にスワーブリチャードが堅いと思った場合は、1着固定を買い足せばとりがみは回避できそうと考えています。
今週もあたりますように!!!
PAGE TOP