Gina

ターコイズステークス(GⅢ)

12月16日(土)@中山競馬場

ワンブレスアウェイ

前に行けなかった前走の府中牝馬Sは参考外。中山の申し子といえば、ステイゴールド産駒。小回り向きで先行力も魅力です。

朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)

12月17日(日)@阪神競馬場

タワーオブロンドン

実績上位。ハイペースでもスローでも脚が使える機動性が魅力。相性の良い京王杯を勝利しているのも信頼材料です。

カペラステークス(GⅢ)終了しました

12月10日(日)@中山競馬場

ディオスコリダー

外枠好成績、若さと勢いは本馬がいちばん。
コースを問わず、前につけても脚が使える器用さは魅力抜群です。

阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)終了しました

12月10日(日)@阪神競馬場

ロックディスタウン

人気の決着が多く、関東馬が優勢。上がりの脚も◎
人気関東馬が二頭いますが、コース慣れしたルメールの手腕に期待!

PROFILE


スペシャルウィークがダービーを勝ったあの日、弟が父と大賑わいしていたのが、私の心に競馬の芽が育った瞬間かもしれません。

「競馬ってそんなに面白いの?」

それから数年後、ディープインパクトのダービーを家族で見に行きました。110円の元返しにしかならない応援馬券を握りしめて。

今では乗馬も経験し、土日どちらかは必ず競馬場へ行き、夏のローカルでも応援へ、日々はグリーンチャンネルを見ながら夕飯を食べ、競馬好きの弟と長電話をする1週間。

競馬が好きになったきっかけ

はや10数年のなかで本当にどっぷりと好きになったきっかけは、エアシェイディとの出会い。

競馬を知ったあとから好きになったエアデジャヴー。その息子である彼は栗毛の貴公子でした。
地力はあるのにG3であっさりと負けてしまったり、一方で2年連続有馬記念3着と食い込んできたり。
そんな彼の重賞制覇は結局AJCCだけでした。大好きな故後藤騎手とのコンビでようやく制した重賞は私にとって本当に最高の瞬間でした。

その後、友人との旅行が彼の出走日に重なってしまい、ソワソワしていた矢先、彼が屈腱炎で次走を待たずして引退となったのです。
あの日は私には一生忘れられない。
泣きながら電車に揺られていました。

ステイゴールドのような輝かしい幕引きではなかったけれど、エアシェイディは私にとって最高の彼でした。

私の好きな場所

★ 東京競馬場のTokyo Café & Bakery
★ 中山競馬場の福三さん
★ 新潟競馬場のゴール前

私の好きな騎手

★ 北村宏司騎手
★ 藤岡康太騎手
★ 内田博幸騎手
★ 横山典弘騎手
★ 故 後藤浩輝騎手

私の好きな馬

レッドスパーダ、ダローネガ、エアシェイディ、
ファインモーション、ウオッカ、カネヒキリ、フリオーソ、ホエールキャプチャ、エイシンフラッシュ、
ローズキングダム、ペルーサ、ブエナビスタ、
ゴールドシップ、ほか

私が一番泣いた(感動した)レース

2009年ジャパンカップ ウオッカ優勝
父が他界した2009年11月、悲しみのなかで競馬をぼうっと見ていました。
大好きなウオッカは毎日王冠、天皇賞秋と惜敗し、今年が最後のジャパンカップ。祈るようにレースを見つめました。
いつもの豪脚で抜け出したウオッカに猛追するオウケンブルースリ。どうかこのままゴールを迎えてほしいと、必死になって応援しました。
そして運命のハナ差優勝。
父の写真を握りしめて泣いた日でした。

私の予想方法

コース適性と血統と調教

私の No.1 高額配当

うーーーん…6万くらい?
応援馬券ばかりなのであまり覚えていないです