皐月賞以降も混戦模様!レース回顧。

こんにちは!

先週の皐月賞、みなさんはいかがでしたか?!
私は今年の中でもいちばんってくらいド外ししました(笑)

本命にしていたスワーヴリチャードは典型的な中山の右回りに翻弄された様子…汗
右手前(馬は走る時に利き脚があるが、レースが上手になると自分で左右を変えて走る)でずっと走っていたとのこと。
そりゃ疲れるしたどたどしいコーナリングになりますよ(^_^;)
四位騎手が「現状は府中がいい」と言っていたのが本当になってしまいました。

レースはアダムバローズが外枠を活かして積極的にハナへ。1,000m通貨が59秒ジャストと、
アダムバローズの作るペースはそれほど早くなかったけれど、ラスト3ハロン(1ハロンは200mです)は11秒台で緩まず、
中団でファンディーナをマークしていたアルアインはマイラーらしい鋭さで、後方から内を突いたペルシアンナイトを差し切りました。

終始中団先行組だったダンピュライトはペースを読み切った粘りで最後の直線に少し脚を使うというこれまでと同じレースをした様子。
このペースで3着に来られたのは武豊マジックといったところでしょうか。
また、デビューの1,600mから1,800m、そして弥生賞の2,000mと距離の幅を経験させたのも効果的だったのかもしれません。

アルアインもペルシアンナイトも毎日杯(1,800m)とアーリントンC(1,600m)を優勝してここ皐月賞へ。
しかしどちらのレースもクラシックの前哨戦としては低評価のワンツーでした。

クラシック開幕前の各レースの勝ち馬がどれとも対戦していない。という超混戦の迷戦模様だった皐月賞。
結果的にペースが生み出したマイル寄りの皐月賞だったと思います。

奇を衒った戦法や、3歳線にありがちなスローのよーいドンでもなく、かなり流れたレースという印象でした。

そのうえ、先週の中山は異様な前残り。
芝のタイムは早くなってきていましたが、条件戦レベル(特別・重賞レース以外)では差し馬はせいぜい3着までという前残り馬場。

結果、大一番の皐月賞でもペルシアンナイト以外は前目で抜け出せる脚を残した馬が上位入選したように感じました。(4着のクリンチャーはよく粘った!)

5着を確保したレイデオロが唯一の追い込み馬でしたね。
順調さを欠きぶっつけ本番でしたが、これでダービーへ向けて上向いてくるのではといった印象。

総じて若干小粒な印象の皐月賞でしたが、私の今後の注目は5着のレイデオロと、本命だったスワーヴリチャードです。

とにかくも、来月に向けて全馬無事にがんばってほしいですね(*^_^*)

======================================
「サラブレッド+女子=サラ女」やってます☆
競馬女子革命sarajo.jp  http://sarajo.jp/

インスタグラム https://www.instagram.com/sarajo_fujinami/
======================================

PROFILE

Gina
Gina

💕好きな馬やジョッキー、競馬場は?

好きな男性はエアシェイディ、好きな女性はホエールキャプチャ

気がついたら人生の半分を競馬と過ごしてきましたUMAOTA Ginaです。

水曜は追い切りを確認し、金曜は予想検討会をして、土日は必ず現場入りする生粋の競馬好きです。毎年北海道にも行きます。一口馬主もしています。


PAGE TOP