大阪杯G1 回顧録。。。

大阪杯!皆さま新設G1の初当たりはなりましたか?!

私は初当たりしました~~!!ヾ(o´∀`o)ノ

【My予想】
◎ キタサンブラック
〇 ヤマカツエース
▲ アンビシャス、
△1 マカヒキ
△2以下 ステファノス、サトノクラウン

◎〇がしっかり強さを魅せてくれましたね!

キタサンブラック鞍上の武豊騎手がコメントしていたように、大方の予想通りマルターズアポジーがハナを切り、ロードヴァンドールが2番手につけ、2頭を見ながらキタサンブラックは3番手を進みました。
1,000mが0.59.6のタイムでのほぼ標準ペースはキタサンブラックには体力温存の絶好ペースだったと思います。
早め3コーナーから追われると前の2頭を呆気なくとらえて抜け出し余力十分の快勝!!(*^^*)
なんの不自由もないスムーズな競馬でしたが、このG1メンバーが揃ったなかでそれをいとも簡単に実現できているキタサンブラックの能力は本当に凄すぎるんです!!

それがよくわかるのが、2着に粘ったステファノス。内ラチをぴったり、キタサンブラックの後ろで控えていたステファノスはキタサンブラックのエンジンがかかったのを見て必死に食らいつきましたが、直線での川田騎手の追いっぷりはもう精一杯だったと思います。ステファノスも重賞レースで2着3着を重ねてきた実力者。それでもキタサンブラックの強さに食らいつくのはここまでだったようです。
3着のヤマカツエースは終始外目の後方を回るロスのある競馬でしたね。マカヒキも外枠を理由にしていましたが、14頭立てでも大外枠組は位置取りに苦労したようです。それでも最後の伸び脚は上がり2位の33.8で、しっかり実力を出せたと思います。何より競馬が上手です。

マカヒキですが…京都記念は休み明けという目を瞑る敗因がありましたが、今回の負けは正直、、、目立った敗因はなかったように思います。外枠のロスというならヤマカツエースも同じですし、ルメール騎手はダービー(当時は鞍上川田騎手)での豪脚が再爆発するだろうと思っての後方待機だったと思います。しかし直線での伸び脚は案外…。マカヒキが迷走の入り口に立ったような気がしました。

さて、優勝馬キタサンブラックはこの後予定通り、春の天皇賞(京都芝3,200m)へ進み、サトノダイヤモンドとの頂上決戦!!有馬記念の雪辱を晴らせるか?!(; ・`д・´)
楽しみですね~( *´艸`)
この現役最強2トップは春天のローテ。となると…

春のグランプリレース宝塚記念(阪神芝2,200m)が盛り上がりそうです!♪(^^)/

マカヒキはすでに目標をここに定めていますし、おそらくステファノス、ヤマカツエース以下実力馬たちもこぞって目標にしているはず。

今回、大阪杯がG1になったことで個人的に感じたことは、宝塚記念に出走するであろうメンバーの調子や実力を計るいい物差しレースになる、というところでしょうか(`・ω・´)ゞ

そして記念すべき新設G1の初代優勝が武豊、というのもドラマティックすぎて忘れられませんね(*^^*)

Gina

Gina

Instagram
💕好きな馬やジョッキー、競馬場は?
好きな男性はエアシェイディ、好きな女性はホエールキャプチャ
気がついたら人生の半分を競馬と過ごしてきましたUMAOTA Ginaです。
水曜は追い切りを確認し、金曜は予想検討会をして、土日は必ず現場入りする生粋の競馬好きです。毎年北海道にも行きます。一口馬主もしています。

関連記事

  1. 🐎29(土)東京11R青葉賞予想🐎

  2. ワンアンドオンリー天皇賞春へ&今週の勝負レース

  3. NHKマイルC回顧。

  4. ブログ始めました&今週の勝負レース

  5. 今週の結果&帝王賞

  6. “NHKマイルカップ”予想。

  7. 今週の勝負レース&皐月賞結果

  8. 皐月賞に行こう!その3

PAGE TOP